世界遺産の熱帯雨林を体感できるキュランダ観光は、ケアンズ最大の観光コース。

「スカイレール」+「キュランダ鉄道」+「アーミーダックに乗れるレインフォレステーション・ネイチャーパーク」を組み合わせた日本語ガイド付きツアーが人気です。

レインフォレステーションではコアラ抱っこもできますし、子供も楽しいツアーです!

【Sponsored Link】


子どもも喜ぶ!キュランダ観光ツアー

世界遺産の熱帯雨林を身近に感じられるキュランダツアーは、ケアンズ観光の最大の目玉です。
日本だけでなく世界各国からこのキュランダ観光を目当てに観光客が集まっています。

キュランダ村 散歩 kuranda

ケアンズの北東25キロの熱帯雨林に囲まれたところに、キュランダ村というかつてはアボリジニが暮らしていた小さな村があります。
19世紀には鉱山の街として栄え、鉱山鉄道が敷かれました。現在は「キュランダ観光鉄道」として、キュランダ-ケアンズ間を走る観光用列車になっています。

ケアンズ キュランダ鉄道 Kuranda Scenic Railway

その後、鉱山が衰退しキュランダ村はオージーの芸術家が集まる芸術家の街として発展。

1995年に世界最高峰の技術を駆使して作られたロープウェイ「スカイレール」の運行が開始し、熱帯雨林を上空から見ながら簡単にキュランダ村まで行けるようになったことで、キュランダはオーストラリアの中でも最も人気を集める観光地の一つになりました。

ケアンズ キュランダ観光 スカイレール バロン川

キュランダ村の近くには「レインフォレステーション・ネイチャーパーク」というテーマパークがあり、第2時世界大戦中に使われた水陸両用車「アーミーダック」に乗って熱帯雨林を探検したり、コアラ抱っこができることで人気です。

ケアンズ キュランダ観光 レインフォレステーション Rainforestation Nature Park ジェイさんツアー アーミーダック 日本語ガイド

ツアー会社の『キュランダ観光ツアー』は、

  • 往路「スカイレール」でキュランダ村へ行き、
  • キュランダ村観光の前に「レインフォレステーション・ネイチャーパーク」で水陸両用車「アーミーダック」に乗り
  • キュランダ村を散策した後
  • 復路「キュランダ観光鉄道」でケアンズまで帰る

という内容のものがほとんど。
「レインフォレステーション・ネイチャーパーク」ではワラビーなどの動物と触れ合えますし、「スカイレール」も「キュランダ観光鉄道」も案外子供も楽しく乗っていられるので、飽きずに1日楽しむことができるツアーですよ。

ケアンズ キュランダ観光 レインフォレステーション Rainforestation Nature Park ワラビー

 

我が家も、約2時間かかるキュランダ鉄道は退屈するかな?と思い迷ったのですが、結果行ってとても良かったと思います。
小学校3年生の娘も「キュランダ楽しかった!」と言っていますよ。

>>我が家の『キュランダ1日観光ツアーに行ってきた!体験記』はこちら

 

日本語ガイド付き「キュランダ観光ツアー」は「ジェイさん」と「どきどき」が有名

キュランダ村へ行くだけなら自分でレンタカーで行くこともできます。

が、キュランダ村観光のお目当てはキュランダ村ではなくむしろ

  • 熱帯雨林の上をロープウェイで行く「スカイレール」
  • 水陸両用車に乗って熱帯雨林を探索「アーミーダック」
  • かつては「世界の車窓から」のオープニング映像として使われていた「キュランダ観光鉄道」

の方。

ケアンズ ジェイさんツアー キュランダ観光 スカイレール 熱帯雨林散策

これらを組み合わせて個人手配で行こうと思うと手続き等煩雑ですし、
「アーミーダック」の日本語ガイドは現地では行われておらず、日本語でガイド説明を聞きたい場合は日本語ガイド付きのツアーで行くしかないので、子どもも一緒に行くのならやはりツアー会社に頼むのがおすすめだと思います。

日本語ガイド付きツアーでは、「どきどき」と「ジェイさん」の2社が有名。

「どきどき」ツアーは大手旅行代理店ともオプション契約を交わしている大手。
大手である分安心ではありますが、ツアーの人数が多いとホテルへの送迎に時間がかかったりして団体行動に時間がかかるのが難点。
「どきどき」ツアーは↓から申し込むと特典がありますので、興味がある方は是非こちら↓からどうぞ。

>>「ケアンズ」のツアーのお申し込みはこちらがお得です。



対して「ジェイさん」は現地に住むジェイさんが経営するアットホームなツアー会社で、こじんまりと少ない人数でツアーを行ってくれるので小回りが利きガイドさんとも仲良くなれます。
お値段も「どきどき」より「ジェイさん」の方がお安いので、興味のある方はぜひ公式HPをご覧くださいね。

>>「ジェイさんツアー」公式HPはこちら

【Sponsored Link】